皮膚科で行うシミ治療

###Site Name###

シミとはメラニンという色素が肌に沈着してできる、薄茶色や褐色の斑点のことです。
紫外線や老化やホルモンバランスの乱れから起こります。

年齢と共に数も増えてきて、大きく色も濃くなることが多いです。



皮膚科で行う治療はレーザーや光治療の他に、内服薬や外用薬を処方してもらえますから、まずは薬で効果が得られるか試してから、次のステップに進む方法もあります。
外用薬には漂白作用が高いハイドロキノン軟膏や、コラーゲンの生成を促しターンオーバーを助け、メラニンを排出させる効果のあるトレチノイン軟膏などがあります。

どちらの軟膏も一人一人の症状に合わせて、薬の量や回数が決められますので、医師の指示に従うことが大切です。



内服薬にはメラニンの発生を抑制するトランサミンや、色素沈着を緩和するビタミンC誘導体や、美白効果がありビタミンC誘導体と同時に摂取すると、相乗効果が得られるLシステインなどによる治療が効果的です。

美容皮膚科では美白化粧品や美白サプリでは対応できない、色の濃いシミや広範囲のシミにも対応できます。
確実にシミを取りたいと思う場合には、専門の医療機関へ相談するのが一番です。



レーザーや光治療などを使い、シミの状態に応じて強いパワーにするなどの調整も可能ですし、内服薬や外用薬との併用や、ケミカルピーリングを組み合わせたりすることで、より確実に治療することができます。

改善した後の指導も行っています。
日常生活での注意点や、食べ物のアドバイスなどにより、長く美肌を保つことができます。